介護がきっかけでトイレリフォームを検討するなら

もしも家族の介護のためにトイレリフォームを検討する場合は、一般的なリフォームではなく、バリアフリーリフォームもしくは介護リフォームを検討しましょう。介護される側も、介護をする側も毎日の生活を安全で安心に暮らすことができます。

■どちらも楽に過ごせるようになることを目的に

体の不自由な方の介護をする場合、家の中にこんなに段差があったのかと改めて驚く方も多いのではないでしょうか。ほんの小さな段差がこんなに厄介なんてと思うことでしょう。介護する側だけでなく、介護を必要とする方も同じように感じています。
トイレリフォームを検討する場合は、バリアフリーと介護リフォームのどちらにするか検討してください。バリアフリーは、段差をなくしたり手すりを付けることなどを言います。介護リフォームは介護される側がトイレやバスルームに自力で行けるように、さらに介護する側が介護しやすいように環境を整えることや、寝室とトイレを隣り合わせにすることで介護しやすい状況を作ることを意味します。

■将来的にどうしたいのか

一時的な介護のためにトイレをバリアフリーにするという方法もいいでしょうし、長期的な介護が必要となることが考えられる場合は、介護リフォームを検討するといいでしょう。この場合、色んな条件があるものの、介護保険を利用することでリフォームにかかる費用を援助してもらえることを覚えておいてください。



■まとめ
トイレリフォームは色んなことがきっかけになるものです。もしも介護がきっかけになるのなら、介護される側も介護する側も毎日の生活が少しでも楽に、そしてトイレ空間がどちらにとっても快適になるような理想の空間を形にしてみてはいかがでしょうか。介護保険の件で分からないことがある場合は、直接リフォーム業者に連絡をして相談してみるのもいいかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ